舞台美術製作・背景幕・バックドロップ・大道具・小道具・愛知県・名古屋

HOME/バックドロップ 美術製作 大道具 小道具
舞台工房 伽藍堂/バックドロップ 美術製作 大道具 小道具
会社概要
業務内容のご案内
舞台美術製作について
ご依頼から施工まで
コラム
取り扱い 舞台美術製作/バックドロップ 美術製作 大道具 小道具
STAGE PRO百年
取り扱い 舞台美術製作/バックドロップ 美術製作 大道具 小道具
大道具・小道具カタログのダウンロード
背景幕 (バックドロップ)
大道具パネル
小道具
取り扱い 舞台美術製作/バックドロップ 美術製作 大道具 小道具
地図
お問い合わせ
求人情報
ボーダーライン
 
 
大道具・小道具カタログのダウンロード 舞台 バックドロップ 舞台美術製作
  舞台設備の名称

HOME > 舞台工房 伽藍堂 >> 舞台設備の名称

舞台設備の名称

舞台には作品の演出をするための様々な装置がついています。また、それらの装置は演出だけでなく役者が演技をしやすいような工夫も施されています。こちらでは舞台についている様々な装置についてご紹介いたします。

ハケ

上がり框(あがりかまち)

舞台の一番前にある木の柱のことで、「かまち」とも呼ばれています。この部分は舞台の床では一番重要な場所となっています。舞台の床には演出や役者が演技をしやすいように釘を打ったり、テープを貼ったりしますが、この部分には基本的に行いません。

ハケ

箱馬(はこうま)

舞台で使用する決まった形の木箱のことです。箱馬には通常2種類あり、舞台に合わせて使用する箱馬は違っています。高さの調整に使用したり、階段として利用したりと様々なことで使用されます。使用しやすいように、通常舞台袖か倉庫に置いてあります。

ハケ

人形立て

人形立ては直角三角形の道具のことで張り物、パネル、切り出しなどとして利用されており、それ以外にはおもに不安定な大道具を支えるために用いられるものです。つまり、背景などが描かれた大きな板を支える役割を持っています。美術スタッフなどは略して「人形」と呼ぶこともあります。

ハケ

平台

役者が乗る台や装置を組む作業する時に用いる台のことです。平台があることで、美術スタッフは作業がしやすくなっています。

ハケ

暗転幕

緞帳(どんちょう)の後ろについているもので、演劇の最中に大規模なストーリ展開があった時に用いられたり、舞台の不要な物を隠すために用いられるものです。緞帳を下ろすと演劇の進行が不自然になるので、暗転幕が用いられています。

弊社は美術小道具レンタルしている小道具業者です。豊富な種類の小道具から大道具まで揃えているので、発表会や演劇などで活用できます。また、弊社では小道具のレンタルだけでなく舞台美術の製作も行っていますので、お気軽にご相談ください。お客様のご希望に合った舞台美術を製作させていただきます。


ページTOPへ戻る

Webからのお問い合わせはこちら
お問い合わせから施工までの流れをご紹介いたします。

サイトマップ
【舞台工房 伽藍堂】
舞台美術製作についてご依頼から施工まで会社概要・地図
お問い合わせ
【取り扱い 舞台美術】
舞台幕(バックドロップ)大道具パネル小道具

COPYRIGHT(C)舞台美術製作・バックドロップ 有限会社舞台工房伽藍堂 ALL RIGHTS RESERVED.